教養試験のみの公務員試験は、どんな職種の場合?

公務員試験には教養試験と専門試験という2種類の筆記試験があります。公務員と一口に言っても、なりたい職種や試験区分によって、受験する試験の種類が以下のように異なります。

・教養試験のみで受験できる職種
・教養試験+専門試験も必要な職種

今回は、教養のみで受験できる公務員の受験先や、教養試験の内容、教養のみを受験する際のデメリットをお伝えします。

教養試験のみの公務員試験は、どんな職種の場合?

教養のみで受験できる公務員の受験先について

教養のみで受験できる職種の一覧は以下の通りです。

〈教養のみ〉
・市役所A日程
・都道府県庁
・国立大学法人等職員
・市役所B日程
・市役所C日程
・市役所D日程
・警察官
・消防官
・公立大学
・各試験の社会人経験採用枠
・その他独立行政法人多数

市役所A日程や都道府県庁の試験は、概ね6月第4週の日曜日に行われます。そのため、この2つを併願することは出来ません。

市役所B日程は概ね7月第4週の日曜日に行われ、C日程は概ね9月第3週の日曜日、D日程は概ね10月第3週の日曜日に行われます。

多くの受験生はひとつの試験だけ受けるのではなく、いくつか併願して受験します。その場合、事前に試験日が重なっていないか調べることが大切です。試験日が重なってしまえば、当然、片方の試験は受験をあきらめなければなりません。
A日程の2次試験とB日程の1次試験、B日程の2次試験とC日程の1次試験が重なることはよくありますので、注意しましょう。

[公安系公務員と市役所が中心]

教養試験のみで受験できるとされている公務員は、主に市役所と公安系公務員(警察官・消防官)が中心です。
ただし、市役所は全ての職種が教養科目のみではないので、注意しましょう。県庁や政令指定都市などの市役所A日程は、専門試験も課す方式が主流となっています。また、警察官や消防官になるためには筆記試験だけでなく体力試験も課されますので、試験に備えて体調管理もしっかり行いましょう。

[自分の受けたい地域に受けたい職種があるかどうか調べる必要がある]

地域によっては、志望している職種の募集が無い可能性があります。
受けたい自治体が明確に決まっている場合、その自治体のWebサイトや受験案内で試験内容を確認しましょう。

教養のみの公務員試験について

大きく分けると「数的処理」「文章理解」「社会科目」「自然科目」「人文科目」の5つです。
大体の試験がこれら5つの分野の問題を合わせて全40問答える試験となります。

・数的処理(数的推理・判断推理・資料解釈)
・文章理解(英語・現代文・古文)
・社会科学(政治・法律・経済・社会)
・自然科学(物理・数学・化学・生物・地学)
・人文科学(世界史・日本史・地理・思想・文化)

試験科目の数だけ見ると、少なくて専門科目がある職種よりも難易度が低く感じるかもしれません。しかし、教養試験の社会科目や自然科学、人文科学は範囲が膨大です。一から勉強するとなると、かなりの時間を要します。
文章理解も英語や古文が出題されるため対策が必要であり、数的処理は数学科目なので、文系の受験生が多い公務員試験では苦手に感じる方が非常に多いと言われています。

[数的処理の対策が重要]

先ほど数的処理を苦手としている受験生は多いとお伝えしましたが、この科目は問題数が多く配点も大きいため、対策が非常に重要です。
受験する地域によっては全40問中16問程度が数的処理から出題されたというところもあります。約40パーセントが数的処理から出題されたということになります。数学が苦手な方は、ここで諦めてしまうのではなく、過去問や問題演習をしっかりこなしましょう。解法パターンを覚えてしまえば、ほとんどの問題で正解できます。

教養のみを受験するデメリット

これまで、教養のみで受けられる試験についての詳細をお伝えしましたが、一方でデメリットもあります。
よく比較した上で、受験勉強の参考にしてみてください。

受験できる併願先が減る

教養のみを受験するデメリットの一つは、受験できる併願先が減ることです。
専門試験が必要な公務員試験は受験することができません。専門試験が必要な公務員試験は、国家総合職や国家一般職など国の官庁に入るものが含まれます。また先ほどお伝えしたように、地方上級試験では専門試験も必要な自治体が多いのも事実です。
また、専門試験も課す職種では、給料などの待遇面が教養試験のみに比べて優れていることが多くあります。

倍率が高い

教養試験のみで受験すると、専門試験がある場合と比べて倍率が高くなります。
以下、愛知県の事例をご紹介します。

・行政Ⅰ【専門あり】4.7倍(平成30年度試験)
・行政Ⅰ【教養のみ】9.2倍(平成30年度試験)

なんと2倍近く差があります。
教養のみの場合、専門試験の対策は必要ないのですべての受験生が受験することができます。このことから、専門試験ありの場合と比べて倍率が高いことが予想できます。

面接の配点が増える

教養のみの場合、筆記試験の内容が薄いため、面接の配点が大きくなります。
公務員試験の受験生には面接が苦手という方も多いので、この点にもよく注意しましょう。事前にしっかりと面接対策も行う必要があります。

まとめ

教養のみの試験は、科目数が少ないからといって受かりやすいわけではありません。専門試験に充てる時間が必要ない分、集中的に勉強しましょう。

忘れてはいけないのが、公務員試験は面接も含めて公務員試験ということです。筆記試験の勉強と面接対策をバランスよく行い、合格を目指しましょう。

合格に向けたオーダーメイドカリキュラムを
無料でご提案をいたします。
まずはお問い合わせください。

授業料のお問い合わせ・資料請求はこちら

0120-017-984