公務員試験の時は、どんな服装をして行けばいい?

ほとんどの場合、公務員試験では服装の指定がありません。では、どんな服装をしていけばいいのでしょうか。
公務員試験には、筆記試験や面接試験、公安職であれば体力試験といったように様々な試験があり、それぞれに適した服装があります。正しい服装を知って、どのような試験にも対応できるようにしていきましょう。

公務員試験の時は、どんな服装をして行けばいい?

筆記試験の時は私服

公務員試験は基本的に1次試験が筆記試験、別日の2次試験が面接試験の順番となっています。服装は合否とは関係が無く、自分が普段着慣れている服装で問題ありません。

社会人経験者採用の場合、スーツの受験者が多いことも

一方で、社会人経験者採用のように対象年齢が高い試験では、スーツで受験する人の割合が高くなることがあります。
もし、周りの受験生にスーツが多い場合に、私服で来たことを気にしすぎてしまうようであれば、筆記試験時からリクルートスーツで参加すると良いでしょう。ただし、自分が普段勉強する時と同じようにリラックスして、実力が発揮できるような服装で臨むことが最も重要と言えます。

悪目立ちするような服装は避けたほうがよい

服装の指定がないといっても、派手すぎて目立つような服装は男女ともに避けるべきです。“悪目立ち”してしまうことになるからです。
公務員はその職業柄、あらゆる年齢層の住民がお客さんとなります。それはつまり、どのような年齢層であっても、好感が持たれるような服装や髪形が重要ということです。そのため、派手な服装や、露出が多すぎる服装は、公務員としてはふさわしくない格好となります。このような格好は、筆記試験の時からも、避けていくべきでしょう。

1次試験の合否に服装の影響はないとされますが、受験番号で個人の特定はできます。小規模の自治体になると特に、目立ちすぎる服装は試験官の印象に残り、その後の面接試験にまで影響を与える可能性がないとは言えません。
服装に迷ったら、リクルートスーツか、男女ともオフィスカジュアルで筆記試験に臨みましょう。

男性のオフィスカジュアル

男性であれば襟付きのシャツ(派手すぎない色)、チノパン、革靴などの組み合わせがよいとされています。落ち着いた色である、白・黒・紺などの組み合わせから選んでいくとよいでしょう。

女性のオフィスカジュアル

女性であれば、清潔感のあるシャツやブラウス、短すぎないスカートやチノパンといった組み合わせがよいでしょう。

体力試験がある公安系の場合

筆記試験の後に体力試験が行われる場合に、着替える必要がないようにと、ジャージと運動靴を着た状態で筆記試験から臨む受験者がいますが、避けた方がよいでしょう。
体力試験がある場合は、受験要綱に『運動できる服装と靴』が持ち物の欄に書かれます。これはつまり、筆記試験のあとに着替える想定であり、筆記試験はほとんどの受験者が私服かスーツとなります。したがってジャージで受験するのは大きく目立ってしまうため、避けた方が無難と言えます。
公務員試験も民間試験と同様、筆記試験の段階から就職活動となります。そのため、周囲に合わせ、相手に失礼のない服装を意識し受験することを心掛けましょう。

試験のあとに面接がある場合は必ずスーツで

一方、筆記試験の後に面接試験が同日で行われる場合もあります。
このような場合は筆記試験もスーツで受験しましょう。公務員は現在、民間企業の先に立ってクールビズを推進し、国家公務員や地方公務員はオフィスカジュアルで業務を行うことが増えています。特に、役場で住民の方と顔を合わせる機会が多い課は、住民との壁を減らすため、スーツを励行していない課も多いです。
しかし、面接試験においては、試験官も全員スーツで受験者を迎えます。そのため、受験者も必ずリクルートスーツを着用し、面接試験に臨むようにしましょう。

男女別、面接時の服装について

面接は平均15~25分ほどの時間で行われます。短い時間で受験者のことを判断するので、面接室に入ってきたときの第一印象は非常に大きなポイントとなります。
ここでよい印象を面接官に持ってもらい、その印象を維持した状態で面接を続けていくことが、高評価を得ることにつながります。

男性の場合

全体を通して清潔感があり、さわやかな印象を相手に与えられる服装が求められます。髪は黒髪短髪が基本です。長髪や、前髪が眉毛にかかってしまうような長さであれば、清潔な長さに整えます。ヒゲはしっかりと剃っておきます。

・スーツ
服装は、紺やグレーのリクルートスーツが基本となります。ストライプやカラーのスーツは面接場面には合わないため、避けましょう。

・ワイシャツ
白無地を基本とし、袖や衿はしわのない綺麗な状態にします。

・ネクタイ
派手すぎない色を選び、面接前に必ず曲がっていないかをチェックします。ポケットのフラップは入れるか出すかを左右で統一します。

・ズボン
スラックスの折り目部分をきちんと整えます。

・足元
靴下は黒か紺色とし、靴も黒でそろえ、ピカピカに磨いておくようにしましょう。

面接試験の場合は、細かい部分に気を遣うようにしましょう。面接官は、靴が磨かれているか、スーツのしわの有無やシャツの状態から、受験者が自己管理をできているか、周囲からどう見られるかを意識しているかといった点を判断することがあります。そのため、どこを見られてもいいように、細部にまで気を配り、服装を整えていきましょう。

女性の場合

女性の場合、髪色は必ずしも黒である必要はありません。
金髪や明るく染めた髪は好ましくありませんが、黒に近い濃い茶色であれば問題ありません。長さはロング・ショートいずれも問題ありませんが、強いパーマなどは控えたほうが無難でしょう。

・服装
服装は、紺やグレーのリクルートスーツが基本です。ブラウスは白がよいですが、派手にならなければ明るい色でコーディネートしても問題ありません。スカートは膝が隠れる長さを基本とします。椅子に座った状態でも膝上5㎝程度の長さになるようにしましょう。
靴のヒールは3~5㎝程度のものにします。

・メイク
華美になりすぎない、ナチュラルで健康的な印象を心がけましょう。また、マニキュアやネイルをする場合にも目立ちすぎず落ち着いたものにしましょう。

・アクセサリー
イヤリングや指輪と言ったアクセサリーは、面接場面では外した方が無難と言えます。

まとめ

ここまで、筆記試験、体力試験、面接試験それぞれに合わせた服装についてお伝えしました。すべての試験で同様に共通するのは、“相手に悪い印象を与えない服装”、つまり落ち着いたさわやかな服装が求められるということです。

試験においても、落ち着いた服装で臨むよう心掛けましょう。

合格に向けたオーダーメイドカリキュラムを
無料でご提案をいたします。
まずはお問い合わせください。

授業料のお問い合わせ・資料請求はこちら

0120-017-984