看護学校の面接ってどんなもの?どのような対策が必要?

「看護学校の面接試験って、どんなことを聞かれるのだろう?」
このような疑問を持っている方は多いのではないでしょうか。今回は、面接の内容や具体的な対策方法をお伝えします。現在看護学校への入学を考えている方はぜひ、ご参考ください。

看護学校の面接ってどんなもの?どのような対策が必要?

看護学校の入試内容は?面接は必ずあるの?

看護学校の入学試験では、筆記試験と面接があります。
面接では、主に志望動機や長所などを聞かれます。具体的な内容を話せるよう、しっかりとした事前準備が大切です。

試験科目は、「英語・数学・国語・社会・理科」とされている学校がほとんどですが、学校によって異なるので必ず確認しておきましょう。

入試における面接の重要性
看護学校を受験する場合、筆記対策に偏って対策していても合格を勝ち取ることはできません。面接も試験において非常に重要視されています。

看護師は、人の体や命を支える責任感が問われる仕事です。
面接ではあなたの人間性や、看護に対する思いを見て、看護師になる資格があるかどうかを判断されます。志望動機をしっかり話せないと、看護に対する強い思いを伝えきれず、不合格になる可能性もあります。
筆記試験と並行して、面接対策もしっかりと行いましょう。

面接ではどんなことを聞かれるの?対策のポイントは

では、具体的にどのようなことを質問されるのでしょうか。

志望動機
面接官から必ず聞かれるのは志望動機です。

「なぜ看護学校に入学するのか?」「なぜこの学校なのか?」を答えられるようにしておきましょう。
例えば、「家から近いから」「御校に魅力を感じたから」などの具体性に欠ける志望動機では、面接官が「本当にこの学校で看護師になりたいのか?」と感じてしまう可能性があります。志望動機を話す際は、その学校独自の特徴を交えて話すようにしましょう。

例えば、「御校は、独自の教育制度で看護師を育成し、卒業生の多くの方が看護の現場でご活躍されています。私も御校の環境を最大限に生かし、将来は多くの人の笑顔や幸せを作り出したいです」のように、学校の特徴にプラスして、自分がどうなりたいのかを話しましょう。
「看護師になりたいという意欲」と「学校への志望理由」の両方を面接官に伝えることが重要です。

人間性
面接ではあなたの人間性も見られています。
看護師は、大病を患っている方、事故で大怪我をしてしまった方、そのご家族の方、同じ現場で働く同僚など、多くの人と関わる仕事です。実際に対面する患者は、肉体的にも精神的にも辛い状況の方がほとんどでしょう。
そのような特殊な環境で、あなたが活躍できるかどうか判断するためです。

看護の現場で、看護師同士の助け合いは非常に大切です。
人の命は皆で支え合います。協調性がなければ、看護の現場で働くことは難しいでしょう。そのため面接官は様々な質問から、あなたに協調性があるのかを見極めます。

また、看護の現場では、予想できない事態が起こるものです。困難な状況を乗り超えられる精神が備わっているかどうかの見極めも、面接の重要なポイントとなります。

自分の長所を話す時に、「私は○○という問題を○○して乗り超えました。」のように、苦難を乗り越えた経験を基に話すと効果的です。

仕事理解
看護に関心があるだけでは、看護学校に入学することはできません。看護の仕事を理解しているかどうかも面接の重要なポイントです。
仕事内容をしっかりと理解し、看護の魅力・やりがい・難しさを知ったうえで話すことで、言葉に重みと深みがでます。

では、どのように看護の仕事について調べたらよいのでしょうか。
ここでは3つの方法をご紹介します。

1.説明会への参加
看護学校では、入学を考えている人に向けての説明会が開かれます。そこで看護に対する知識を深めることができます。説明会では現役看護師の話を聞くことができるため、そこで積極的に質問をすることで、実際の看護の現場でしか知ることができない情報を得ることができます。

2.先輩看護師に話を聞く
実際に試験に合格した先輩に話を聞くのも効果的です。
「面接で聞かれる内容は?」「筆記試験はどんなものが出題される?」など具体的に質問してみましょう。特に面接は事前準備が合否の鍵を握ります。先輩看護師とのコネクションがない場合、就職支援室の先生に相談し、先輩看護師の連絡先を教えてもらう方法もあります。

3.インターネットで調べる
インターネットには、実際に看護師として働いている人が、看護のやりがいや面白さ、難しさを発信しているブログやサイトがあります。直接話を聞きに行けない方は、インターネットで情報を収集し、看護師の仕事の理解を深めましょう。

このように、面接では
・学校を志望する理由
・受験者の人間性
・看護の仕事への理解
を見られます。

事前準備を行っていないと、面接で自分の思いをうまく伝えることができません。試験までの間に、時間を見つけてしっかりと対策を行いましょう。

面接で気を付けたいこと

それでは、事前準備に必要なことを把握したうえで、面接で気を付けたいポイントをお伝えします。

ブレのない受け答え
面接で失敗するパターンとしてよくあるのが、一貫性のない受け答えをしてしまうことです。自分の軸が定まっていないため、自信の無い受け答えになってしまうなど、少し言い方を変えた質問をされると回答がバラついてしまいます。

例えば、「私は多くの人を支えるために看護師になりたいです。」と面接官に伝えたとします。
その返答を受けて面接官は、「では、看護師でなくても、お医者さんでもそれは可能なのではないですか?」とあなたに聞くかもしれません。
「看護師になりたい」という軸が決まっていないため、具体的に看護師になりたい理由を伝えられず、面接官に疑問を持たれてしまうのです。

このように、面接ではあなたの軸(一貫性のある思い)に関する質問が多く、自分の考えをしっかりと伝えられるようにする必要があります。そのため、自分がどういう経緯で、どういう思いを持っているのかを明確にしておく必要があります。
面接の前に自己分析を行い、看護師になりたいと考える自分の軸を明確にしておきましょう。

マナーと清潔感
忘れてはいけないのが、面接に臨むにあたってのマナーや清潔感です。
面接練習を重点的に行っていても、命を支える看護師が一般的なマナーや清潔感がなくては、合格には繋がりません。面接の基本的なマナーを3つご紹介します。

①入退室のマナー
入室の際はノックを3回。面接官の声があったら、ドアを開け、閉めてから元気よく「失礼します」と挨拶をします。椅子の横に立ってから、所属・名前を言い、「座ってください」と言われたら、背もたれによりかからず座ります。

②質問への受け答え
質問をされたら、必ず最初に「はい」と言ってから質問に答えましょう。
また、面接官が話している時は、時折頷くことがおすすめです。「この人はしっかりと話を聞いているな」と好印象を与えることができます。

③姿勢
面接では佇まいも見られています。
背もたれに寄りかかる、手や足の位置がだらしないような座り方は印象が悪くなります。
背筋を伸ばし、手は重ねてそっと置いておきましょう。

【まとめ】

看護学校の面接は事前準備が重要ですが、しっかりとイメージして練習を行えば結果が付いてきます。まずは、看護師の仕事を深く理解し、自分がなぜその学校で看護師を目指したいのか考えてみましょう。
「なぜ看護師になりたいのか」という軸をしっかりと持ち、そこから、志望動機や自分の長所を考え、面接でしっかりと話せるように練習を欠かさず行うことで、合格が見えてきます。

合格に向けたオーダーメイドカリキュラムを
無料でご提案をいたします。
まずはお問い合わせください。

授業料のお問い合わせ・資料請求はこちら

0120-017-984