宅建は塾と家庭教師どちらがいい?違いや特徴について

宅建を取得するために塾の宅建講座を検討する受験生も多くいます。しかし、宅建について学ぶ方法には、独学や塾だけでなく、家庭教師という選択肢もあることをご存知ですか?

そこで、宅建を学ぶことができる塾と家庭教師についてまとめました。宅建の勉強を始めようとして塾を検討している受験生や、塾に通学しているけれど、思うように学習が進まないと悩む受験生は必見です。

宅建は塾と家庭教師どちらがいい?違いや特徴について

宅建合格を目指すなら、塾か家庭教師か?

塾では、独自のテキストや問題集を使い、プロ講師による授業を受けられます。教室で授業を受ける方法だけでなく、PCやスマホで映像授業を何度も見ることができる場合もあります。カリキュラムが決められているので、時間に余裕があり、計画的に学習したいと思う人に向いています。

家庭教師では、使用するテキストや学習期間、勉強範囲などを自由に選ぶことができます。わからない点は理解できるまでマンツーマンで解説を受けられるので、自分のペースで勉強したい人や苦手分野の克服したい人に向いています。

宅建の塾に通うメリットは?

独学の場合、自分で勉強計画を立てる必要があります。また、計画通りに勉強が進まず、途中でつまずいても、誰にも相談できません。基礎が定着せず、いつまでたっても合格レベルに達しないこともあるかもしれません。

宅建の塾に通うと、塾が決めたテキストや学習要領に従って勉強していれば、無駄のない効率的な勉強を行うことができます。
また、塾に通うことで同じ受講生の仲間ができるので、質問をし合ったり、情報を交換したりと、モチベーションを高められることもメリットです。

宅建の家庭教師のメリットは?

宅建について家庭教師で学ぶメリットは、受験生が勉強したい内容を、都合のいい時間に、自宅や喫茶店など都合の良い場所で学べることです。

苦手科目は人それぞれ違いますが、塾では平均的な受験生を想定し設定されたスケジュールに従って学習が進み、決められた解説が行われます。そのため、受験生によっては、自分がわからない範囲の解説が受けられなかったり、すでに理解している範囲を何度も勉強したりすることもあります。そのため、時間に対しての勉強効率が上がりにくくなることもあり得ます。

家庭教師なら、生徒の状況に合わせた指導を受けられるので、効率よく学習を進めることができます。また、質問や悩みにマンツーマンで寄り添って指導することが可能です。
宅建の勉強の目的は、試験に合格することです。時間をかけてインプットした知識でも、試験で正確にアウトプットできなければ意味がありません。復習の学習効率にも注意することが重要です。

自分に合った学習方法を選ぼう

宅建に合格するための勉強法は一つではありません。効率的に学習して、確実に合格するためには、自分に合った勉強法を選ぶことが大切です。
塾も家庭教師も、専門家から学ぶということは共通しています。違うのは、「学習環境」や「指導方法」「一人に対して講師が割ける時間」です。

1人で勉強するより、仲間と一緒に勉強する方が身につくタイプで、通学する時間的な余裕がある方には塾がおすすめです。スケジュールに余裕がなく、スキマ時間で専門家の授業を受けたい方や、ゆっくりと自分のペースで勉強を進めたい方は、自分の都合に合わせて勉強が進められる家庭教師がおすすめです。

宅建は、合格率20%弱の難しい試験です。専門家から学ぶことで、宅建合格が近づくでしょう。

合格に向けたオーダーメイドカリキュラムを
無料でご提案をいたします。
まずはお問い合わせください。

授業料のお問い合わせ・資料請求はこちら

0120-017-984