簿記3級 仕訳ルールを学習する理解のコツ

本記事では、簿記3級の仕訳についてご説明します。

現代の簿記は、事業者がどのように取引をしたか記録するために使用されています。その中でも「仕訳」は非常に重要な要素です。
仕訳は「発生した取引をルールにしたがって分類すること」です。小さな商店を営んでいる方や、個人事業主として働くフリーランス・ワーカーなどには身近なものとなっています。

簿記3級 仕訳ルールを学習する理解のコツ

仕訳とは何か理解する

仕訳とは、発生した取引(現金の増減など)をルールにしたがって勘定科目に分類することです。仕訳をしたら、仕訳帳という帳簿に記録をします。また、仕訳帳のデータを総勘定元帳に書き写すことを「転記」といいます。仕訳帳には、日付順にすべての取引を記録しておきます。
初心者の方にとっては、「仕訳は難しそうだ」「借方と貸方の意味がわからない」という方もいるかもしれません。しかし、こういった簿記のルールを知っておくことは私たちの生活にも役立ちますので、知っておいて損はありません。

仕訳をする目的

仕訳をするのは、勘定科目を2つ以上組み合わせて意味を持たせるためです。例えば、「借入金10万円を現金で返済した」という取引が行われたとします。
その場合は下記の表のようになります。

借方貸方
借入金 100,000現金 100,000

この表は「借入金10万円を現金で返済した」という内容を仕訳しています。こうした「簿記の専門用語」を使うことによってシンプルに取引内容を表現することができるのです。

仮に「借入金10万円を現金で返済した」だけであれば理解しやすいですが、こうした取引が数十個続くと、文章だけで理解するのは時間がかかってしまいますよね。仕訳のルールにしたがって表を作っていけば、わかりやすくなります。
こういった仕訳という簿記独自の表現を使うことにより、お金・物・その他様々な取引をシンプルに表現することができます。

仕訳の3ステップ

それでは、実際に仕訳をする上で基本となる3つのステップについて説明します。

1.勘定科目を当てはめる

勘定科目とは、複式簿記の仕訳や財務諸表などに用いる「表示金額の内容を示す名称」のことです。
勘定科目は資産・負債・純資産・収益・費用の5要素を更に細かく分類したものになります。簿記3級レベルで使用される勘定科目は、主に資産で言うところの現金・預金・売掛金・商品・受取手形・有価証券・貸付金・建物・備品・車両・土地・負債で言うところの買掛金・未払金・借入金・支払手形などの項目があります。

2.5つの要素に当てはめる

次に、先ほどお伝えした5要素について解説していきます。
資産は大きく分けてお金・物・権利を指します。あると嬉しい物と覚えると良いでしょう。
負債はいずれ返さなくてはいけない義務のことを指します。あると嫌な物と覚えましょう。

純資産は会社を始める元手となる金額のことを指します。
有名なお話で「資本等式」というものがありますが、これは「資産-負債=純資産」で表されます。「純資産=資本金」と覚えると良いでしょう。
その他の要素では「費用」と「収益」があります。費用は既に発生しているものであり、交通費や水道光熱費などが当てはまります。収益は資産となるものであり、代表的な物としては商品などの「売上」が当てはまります。

3.左右に振り分けて記入する

簿記の仕訳とは、様々な商売に関わる取引をこれらの5つの要素に当てはめてシンプルな形にすると考えれば問題ありません。この仕訳には借方と貸方というものがあります。下の表をご覧下さい。

例えば店主が現金500,000円を出資したという取引があったとします。

借方貸方
現金 500,000円(資産の増加)資本金 500,000円(純資産の増加)

これは、現金は資産であり、資本金は純資産に属する勘定科目です。資産の増加と純資産の増加は、同時に起こるということがこの仕訳からわかります。

他の取引例をご覧ください。ある商店が銀行から現金200,000円を借り入れたとします。

借方貸方
現金 200,000円(資産の増加)借入金 200,000円(負債の増加)

このように簿記のルールに伴い、様々なお金や価値のある物などの取引を記録していくことが簿記の仕訳の鉄則です。

仕訳で陥りがちなミス

これまで仕訳の転記の仕方をお伝えしてきましたが、ここでは陥りがちなミスをお伝えします。
まず、仕訳で陥りがちなミスとして、「借方と貸方がどちらか分からなくなる」というものがあります。これはただの決まり事なので丸暗記しましょう
その他で簿記3級レベルの仕訳で勘違いをしやすいものは「買掛金」や「売掛金」かもしれません。「掛け」という表現に馴染みの無い方も多いかもしれません。「掛け」とは後払いを指します。
では、売掛金のケースをご覧ください。売掛金とは、売ったお金を後で受け取ることです。

①商品10,000円を販売し、5,000円を現金で受け取り、残金は月末とした。

②月末になったので、売掛金5,000円を現金で受け取った。

借方貸方
現金 5,000円売上 10,000円
売掛金 5,000円
借方貸方
現金 5,000円売掛金 5,000円

このように、段階別に分けられて取引が行われる場合には、その度に仕訳が行われます。
取引での現金の動きなどをイメージしながら、それぞれの仕訳を理解していくと良いでしょう。

また、この他にも資産と純資産の違いがわからなくなる場合もあるかもしれません。
先述したように、資産とは負債も含めた状態のことを指します。もし、資本等式で使用する資産・負債・純資産の要素で混乱した時は下記の話を思い出してください。

あるサラリーマンの方の現在の資産は4,000万円のマイホームと、3,000万円の住宅ローン(負債)を抱えています。この人の純資産は1,000万円です。

《資産》
マイホーム(4,000万円)
《負債》
住宅ローン(3,000万円)
《純資産》
(1,000万円)

この表のようなものはFP(ファイナンシャル・プランニング)の勉強で使われることもありますが、簿記と通じる部分がありますので、こういったイメージが湧きやすい例え話を覚えておくと良いでしょう。

まとめ

例題を用いて仕訳について解説しました。仕訳とは、簿記のルールに沿ってシンプルにお金や物などの価値あるものの動きを表現することです。重要な事柄としては左に借方、右に貸方があるということが挙げられます。その他には、5要素があり、資産・負債・純資産・収益・費用に分類して勘定科目ごとに記帳していきます。複式簿記はこのようにシンプルにお金の動きを表現することができるので大変便利です。

開業届を提出した個人事業主などが確定申告をする際に、複式簿記の帳簿を提出すると青色申告特別控除で65万円の控除を受けられることは有名な話です。
このように、簿記を勉強すると商売をするうえで非常に有利にはたらきますので、知っておいて損はありません。各地域の商工会議所などで検定を受けることができますので、これを機に興味を持った方は簿記3級の検定試験にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

合格に向けたオーダーメイドカリキュラムを
無料でご提案をいたします。
まずはお問い合わせください。

授業料のお問い合わせ・資料請求はこちら

0120-017-984